FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン・完結編

その後、フィリピンへ何度か渡航して子供二人の認知手続きを取ったり、クリスチャンである子供に逢いに行ったりしましたが唯一つ、私にとって大きななやみがあります。あとで述べますが、現在、フィリピンの妻とインドネシアの妻がお互い、仲が悪くて困っています。同じ人間どうしなのにどうしてなかよく出来ないのでしょうかやはり、歴史が物語っているようにキリスト教徒とイスラム教徒の間では宗教戦争が勃発しやすいのでしょうか仏教徒であるわたしには理解に苦しみます・・・・・・・ あとはそれぞれの神様で和解していただくしかありません。                                   最後にフィリピンの思い出としてこういう事もありました。帰国するある朝の事、レセプションでチェックアウトした際、総支配人がやってきて「お車がご用意できております。」といつになく親切に言うのでおかしいなあとは思いながら玄関に出ると、黒塗りの大型乗用車と白バイ2台が待機しておりました。いつもはタクシーを呼んでいるのに何か悪いことでもしたのかと思い、総支配人に尋ねると「サンボァンガ市のアラーム氏からのご要請です。」と言う。玄関先ではどこの国の要人かと思う群衆が多くなり、恥ずかしいやら動揺するやら冷や汗を掻きつつ、胸を張って車に乗り込んだのです。2台の白バイが先導しながら空港へ向かってる途中、道路渋滞があればサイレンを鳴らし渋滞している車を強引に除けさしたり、道行く先の信号機はこれも強引に青に変えたりするものだから民衆が又、注目の視線を寄せるのです。本当に恥ずかしい思いをしながら15分で空港に到着したのです。(いつもは道路渋滞がひどく、約1時間要します)そして空港の玄関では空港警察署長が出迎えてくれてイミグレーション(税関)では並ぶことなく、機内へ搭乗したのです。席に着こうとしたそのとき、それまでせっかく大臣クラスの気分だったのに現実の身分に戻ってしまいました。なぜならば、シートがファーストクラスではなくエコノミークラスだったからです・・・・・・・           
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aceh0326

Author:aceh0326
東南アジア生活に興味のある方へ、私の体験談をお話します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。